面影草紙



18時、梅田着。

今日は七夕。東京は午後から雷が鳴って少しだけ強い雨が降った。
いまは、いい夕焼け空。

ぼくはいま東京でテレビ番組制作の下っ端として働いてる。アルバイト。
精神的にきつくて今度こそは社員になってがんばろうと思ったんだけど、だんだんやる気をなくしている自分。

ストレス解消というか、心の逃げ場みたいなところがある。大阪の新世界。東京での生活に倦み果てていたころ、ぼくは新世界と出会った。あのカオスな感じ、街全体が妙にグルーピー。おっちゃん、おばちゃんに熱いソウルを感じた。新世界近くの西成地区はスラム街と呼ばれてるけど、あの辺り一体は日本のリオデジャネイロじゃないかと思う。ブラジル出身の格闘家、ヴァンダレイ・シウバばりに眼光するどいおっちゃんもいれば、リオのカーニバルのごとく昼間から腰に両手をあててフラダンスのような動きで道を占領しているおばちゃんもいた。
もちろんそんな人たちだけじゃない。ぼくがよく行く新世界の飲み屋のにいちゃんは目が優しい。昔でいう「丁稚奉公」という言葉がぴったりくるような人だ(いい意味で)。どんな客に対しても「へぇ」と言って低調なトーンで対応する。飲み屋のカウンターのなかで自分の存在を主張しすぎずに、ときたま客とやりとりする。喋りがうまいわけではないが、彼の声はそのまま僕の耳に心地よく入ってくる。んで、串かつやおつまみが美味いわけではないんだけど、新世界に行ったらその店は立ち寄るようにしている。

大阪は新世界も含めて不思議な街だ。外国にいるような気分になる。難波や梅田もいろいろと新名所をつくったり新しいファッションビルができているけど、東京のような華やかさ、斬新さはないように感じる。どこか大阪テイストが入ってしまっていて、結果的には妙な雰囲気のファッションビルになったりしている。もちろんそれは大阪に住んでいないからこそ感じるんだろう。ぼくは、その大阪テイストは大好きだ。いたるところでたこ焼き屋に行列できているのを見て感激したし、吉本新喜劇は大阪の至宝だ。
外人が日本に来て寿司だの歌舞伎だの言っているのと同じ感覚だと思う。

来週、高速バスに乗って大阪に行く。18時梅田着。晴れていても雨が降っていてもいい。

まずは、あの飲み屋へ。それから西成にある安宿で缶ビールをあけよう
e0021054_159471.jpg

[PR]
# by beetle-kids76 | 2005-07-07 18:04 | 大阪


面影@第0試合 あなたの心に逆十字
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
big booty ch..
by counterstr at 01:28
big booty ch..
by counterstr at 01:28
croissants b..
by Spalva-zt at 21:49
grand shor..
by Spalva-nq at 21:46
croissants b..
by Spalva-zt at 21:46
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
anime dvd
from anime dvd
joann fabric
from joann fabric
wendy bellis..
from wendy bellissi..
toyota supra..
from toyota supra f..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧