面影草紙



サントリーオールド 「通天閣・どこかでだれかと」篇

通天閣のした、立ち飲み屋のなかに入っていく少年がいる。
じゅんざぶろうくん(5)。
去年の夏に甲子園球場で野球を観た。
そのときに買ってもらった阪神タイガースの帽子。
「オカダはいい監督なんやで」
じゅんざぶろうくんは、得意げに仲間に話しをした。

立ち飲み屋は今日も満員。
カウンターのなかにいるのが店主の葛西さん(42)
じゅんざぶろうくんのお父さんである。

狭い店内には芸能人や阪神タイガースの選手のサインがいくつか飾ってある。
「うちに石川さゆりが来たときは、そりゃ驚いたで」
葛西さんの話は、酒が入るとエスカレートする。
客もそれをよく知っている。

いま、ハイボールを飲んでいる派手な服装の女性。
彼女の名前は、ユミコ(42)
ユミコは、出勤前に必ず葛西さんの立ち飲み屋で一杯やる。
一杯やりながら、ウェストポーチからハンドミラーを出して
メイクの最終仕上げをする。
お代はいつも千円。
ハイボール二杯と冷奴。
「豆腐は、健康の秘訣」
昔、ユミコはミナミでは有名な女だったらしい。
一晩で100万稼ぎだしたこともある(本人談)

e0021054_14294653.jpg

気弱そうな男が、立ち飲み屋の暖簾をくぐった。
店内のメニューを見渡して、ビールとドテ焼きを二本注文する。
彼の名前はわからない。ここでは東京と呼ぼう。
実際に彼は東京から来た者らしい。
読売ジャイアンツの帽子をかぶっていた。

客のひとりが言った。
「今年のジャイアンツは、あかんな」
嘲笑とも同情ともとれるセリフだ。

東京は、ビールを一口飲んだ。
ドテ焼きを一口食べてから中ジョッキのビールを一気に流しこんだ。
東京は、少し顔を赤らめた。

ユミコは口紅を塗り終えると、千円札(きれいなピン札だった)を
カウンターに置いて、店を出た。
「おおきに」

葛西さんは東京に話かけた。
「うちに、有田が来たことあるで。兄ちゃん、若いから知らんか。有田修三」
東京は、少し笑って「知ってます」。

じゅんざぶろうがカウンターの奥でずっと東京を見ている。
タイガースの帽子を手にとって、また被りなおした。
じゅんざぶろうは、言った。
「オカダは、いい監督なんやで」

東京は、タバコを一本口にくわえた。
「ウィスキーありますか」
「サントリーのオールドでええか」
「はい。ロックで」
じゅんざぶろうは、カウンターのなかでピッチャーの真似をした。
東京が突然大声をあげた。
「ストライク!!」
じゅんざぶろうはガッツポーズした。

この町にも
酔いたい人がいる。
酔いたい一日がある。

どこかで、だれかと。
サントリー オールド

e0021054_1823262.jpg

[PR]
by beetle-kids76 | 2005-08-20 14:31 | 広告の案
<< 身体は生きていく方向 悲しい想い 松永社長の死 >>


面影@第0試合 あなたの心に逆十字
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
big booty ch..
by counterstr at 01:28
big booty ch..
by counterstr at 01:28
croissants b..
by Spalva-zt at 21:49
grand shor..
by Spalva-nq at 21:46
croissants b..
by Spalva-zt at 21:46
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
anime dvd
from anime dvd
joann fabric
from joann fabric
wendy bellis..
from wendy bellissi..
toyota supra..
from toyota supra f..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧