面影草紙



武士道・美濃輪の輝き

深夜に放送していた『武士道8』を観る。
ハンセンの初参戦や川尻とブスカペの対決
五味の連続koなるか・・・といろいろとテーマある大会だった。

そのなかでも、大きなテーマはなかったのが
ぼくを感動させたのは
美濃輪育久だ。

パンクラスに入団し、パワーボムなんてやらかしたりして
「プロレスラー」を意識していた彼。
それでも、彼はパッとした活躍がなかった。

プライドに参戦し
シウバ戦では秒殺負け
ハイアンとの試合は
地味な展開、いわゆる「しょっぱい」試合になってしまった。

その彼が、いまや「リアルプロレスラー」として人気者になった。

今回のキモ戦の試合後
両手を挙げる美濃輪。
笑顔。
すばらしい笑顔。

今年の年末にかけて
彼はグランプリにのぞむ。
「リアルプロレスラー」が世界を制する日も近い。

最高の笑顔を大晦日に見せてくれ
[PR]
by beetle-kids76 | 2005-08-09 15:46 | プロレス・格闘技
<< 立川の映画館へ。音いいなぁ 恋よりメイド >>


面影@第0試合 あなたの心に逆十字