面影草紙



北斗晶という生き方

今日は中野へ。
フィギュアなどをみる。
東京スカパラダイスオーケストラのアルバム「ANSWER」を購入。

新宿に向かいパソコン関連のソフトや雑誌を見たりしてブラブラ。

帰宅。
桂三枝「饅頭怖い」
立川談志「芝浜」
桂米朝「たちぎれ線香」などを聴く。

友人と田無の焼肉屋へ。
千円で食べ放題。パイナップルが美味い。


北斗晶。
昨日は佐々木健介のことを書いたので
どうしても彼の妻でありマネージャーである北斗晶のことも書きたくなった。

現在、北斗は「鬼嫁」というキャラを得て、テレビ番組に頻繁に出演している。
いままで多くのプロレスラーがテレビ番組に出演していたが
喋りがうまくキャラクターをいかんなく発揮できるレスラーはいなかった。

「プロレスラー」の北斗晶は天才だった。
セルフプロデュース術に長けている。
観客を惹きつける試合展開。
マイクパフォーマンスも一流で
試合にいたるまでのドラマ作りが非常にうまかった。

平成5年。
この年、女子プロレスはもっとも熱い年だった。
老舗団体の全日本女子とダイナマイト関西などが所属していたJWP
それから神取忍が所属しているLLPWなどが対抗戦をおこなった。

そして、女子プロレス史上歴史に残る試合が、この年に行われた。
平成5年12月両国国技館。
北斗晶VS神取忍。
試合は神取のグーパンチで決まった。
北斗は、負けた。
血に染まったリングに倒れる二人に
いままで女子プロレスを観なかった人たちからも惜しみない拍手が送られた。

その後、北斗は佐々木健介と出会い結婚。

北斗はセルフプロデュースに長けているが
佐々木健介を復活させたのも、間違いなく北斗の力によるものだ。
絶望的な健介を救い上げ
光を当てた。

そして
ノアの東京ドーム大会。
小橋との試合を見つめる北斗の表情は
いまにも泣きそうな「妻」であり「母」の顔だった。

試合後、健介を抱きしめる北斗。
いままでの二人の物語を知っていたら誰もが感動したに違いない。

プロレスの「ど真ん中」にはこんなにピュアなラブストーリーがある。
いわゆる「純愛ドラマ」なんか糞くらえ。
もっともっと尊いが、プロレスにはあるんだ。
[PR]
by beetle-kids76 | 2005-07-20 22:50 | プロレス・格闘技
<< 悪魔が来たりて笛を吹く 佐々木健介という生き方 >>


面影@第0試合 あなたの心に逆十字
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
big booty ch..
by counterstr at 01:28
big booty ch..
by counterstr at 01:28
croissants b..
by Spalva-zt at 21:49
grand shor..
by Spalva-nq at 21:46
croissants b..
by Spalva-zt at 21:46
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
anime dvd
from anime dvd
joann fabric
from joann fabric
wendy bellis..
from wendy bellissi..
toyota supra..
from toyota supra f..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧